山上の光賞 日本の健康・医療・医学分野で活躍する75歳以上の方々を称える

山上 さんじょう 光賞 ひかりしょう 」について

「山上の光賞」は日本の広範な健康・医療・医学分野において素晴らしい活躍をし、よりよい社会を築くことに貢献している75歳以上の方々を顕彰するプログラムです。高齢化社会を抱える日本では、高齢と言うととにかくネガティブな話ばかりを耳にしがちです。しかしながら、その対極には日本の高齢者が素晴らしい活躍をされている数多くの偉大なストーリーがあります。そこで、高齢を迎えてなお、その豊富な経験、知性、そして知識を駆使しながら、後に続く世代の歩むべき道を照らす「山上の光」として活躍を続けておられる方々を顕彰することにより、更に多くの日本のシニアを勇気づけ、活発な社会の一員として活動し続けることの素晴らしさを伝えることをこのプログラムは目指しています。

「山上の光賞」では、健康・医療・医学に関する様々な分野を対象とし、例えば、医師、研究者、看護師、介護福祉士、NPO職員等、健康・医療に関連する広範な分野における75歳以上の方々の活動を顕彰致します。

全国から募集する候補者の選考は、本プログラムの共催団体、事務局からは独立した審査委員会によって厳正に行われます。「山上の光賞」の審査基準は以下の通りです。候補者はこのうちひとつ以上の項目に当てはまることを期待されます。

本プログラムは75歳を超えてなお、現役で活躍しておられる方を対象とします。候補者が75歳を迎える以前の業績も考慮しますが、候補者が活動を現役で継続している場合に限ります。75歳を超えてから新たに始めた活動は当然対象とします。

また、本プログラムは「縁の下の力持ち」的で、これまでに相応しい顕彰を受けて来なかった活動に焦点を当てます。ただし、過去に多くの顕彰を受けている活動を排除するものではありません。更に、活動が「山上の光」として次の世代への啓発につながっているかどうかを審査において重視します。

候補者の推薦にあたっては、その個人が受賞者に相応しい人物であることを示す客観的な評価等を含め、その理由を数値を使うなどしながら、できるだけ具体的に記載して下さい。なお、推薦者が複数いる場合、2人目以降については推薦状(様式不問)を添付して頂いても構いません。

共催:
一般社団法人 日本病院会
公益社団法人 全日本病院協会
セルジーン株式会社
後援:
公益社団法人 日本医師会
日本医学会
一般社団法人 日本慢性期医療協会
公益社団法人 日本看護協会

審査委員会・諮問委員会

審査委員(五十音順、敬称略)

安西祐一郎 独立行政法人日本学術振興会顧問・学術情報分析センター所長
坂口 力 東京医科大学特任教授、元厚生労働大臣
笹津 備規 東京薬科大学学長
中川 俊男 公益社団法人日本医師会副会長
樋口 恵子 NPO法人高齢社会をよくする女性の会理事長、東京家政大学名誉教授 同大学女性未来研究所所長
藤崎 一郎 一般社団法人日米協会会長、元駐米大使
古川 貞二郎 恩賜財団母子愛育会会長、元内閣官房副長官、元厚生事務次官
向井 千秋 東京理科大学特任副学長、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構技術参与
渡辺 允 元宮内庁侍従長、元駐ヨルダン大使

※各人は必ずしも所属先の代表として「山上の光賞」の審査委員を務める訳ではありません。

諮問委員(五十音順、敬称略)

石田 祝稔 衆議院議員
今井 裕 東海大学副学長、東海大学伊勢原校舎・付属病院本部本部長
大塚 太郎 青梅慶友病院理事長
大塚 義治 日本赤十字社副社長、元厚生労働事務次官
加藤 益弘 ミラバイオロジクス株式会社代表取締役社長
河北 博文 公益財団法人日本医療機能評価機構理事長、社会医療法人河北医療財団理事長
紀伊國 献三 公益財団法人笹川記念保健協力財団最高顧問
幸田 正孝 医療経済研究機構顧問、元厚生事務次官
佐々木 伸彦 富士通株式会社執行役員副会長、元経済産業審議官
新藤 義孝 衆議院議員、元総務大臣
高成田 享 仙台大学教授、元朝日新聞論説委員
立川 敬二 立川技術経営研究所代表、元宇宙航空研究開発機構理事長、元NTTドコモ社長
谷合 正明 参議院議員
とかしき なおみ 衆議院議員
中山 泰秀 衆議院議員、衆議院外務委員長
羽田 雄一郎 参議院議員、元国土交通大臣
坂東 眞理子 昭和女子大学理事長・総長
福井 次矢 聖路加国際病院院長、聖路加国際大学学長
古川 元久 衆議院議員、元国家戦略担当大臣
溝口 善兵衛 島根県知事
三ッ林 裕巳 衆議院議員
百村 伸一 自治医科大学附属さいたま医療センターセンター長
森口 泰孝 東京理科大学特別顧問、元文部科学事務次官
吉澤 靖之 東京医科歯科大学学長
渡辺 孝男 米沢市病院事業管理者、元参議院議員

※各人は必ずしも所属先の代表として「山上の光賞」の諮問委員を務める訳ではありません。

募集要項

顕彰部門 ■医師部門
■研究者部門(医学、理工学、薬学、生物学、化学、医療経済学、医療政策研究等を含む健康・医療に関わる広範  な分野における研究者)
■看護・保健部門(看護師、助産師、介護福祉士、セラピスト等を含む)
■NPO・ボランティア部門
■公衆衛生部門(公的な職責を有する公務員に限らず、民間において様々なかたちで公衆衛生の促進に貢献しておられる方も含む)
対象 75歳(2017年12月31日現在)以上の方
応募形式 他者推薦
応募締切 2018年3月26日(月)
応募方法 E-mail info@sanjo-no-hikari-sho.com
FAX 03-5404-3814
郵便 「山上の光賞」事務局宛
〒152-0023 東京都目黒区八雲2-8-6-205 jl気付

※推薦用紙はウェブサイトwww.sanjo-no-hikari-sho.comでダウンロードして頂くか、事務局にお問合せ下さい。なるべくデータでお送り下さい。
受賞者発表 2018年4月中旬に推薦者と受賞者に通知
第四回授賞式 2018年6月20日(水)パレスホテル東京にて開催予定 
正賞・副賞 記念杯を受賞者本人へ、賞金100万円を受賞者の所属機関へ贈呈

候補者推薦書をダウンロード
Wordデータはこちらからダウンロード

お問い合わせ

「山上の光賞(さんじょうのひかりしょう)」事務局
Tel: 03-6311-0121 / Fax: 03-5404-3814
お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
電話番号
内容